社内不倫、職場不倫をする男、女の特徴は?

男性であれ女性あれ、最初は誰でも好んで不倫をしてしまうわけではありません。
してはいけないとわかっていても気持ちを抑えることができなくなって社内不倫をしてしまうというのが実情ではないでしょうか。

 

でも全ての人がそうではなく、社内不倫に走る男女にはある一定したタイプというのがあります。
どのようなタイプの人が社内不倫をしてしまうのかをご紹介します。

 

 

仕事ができる男性

一般的に「英雄色を好む」と言われていますが、仕事ができる男性ほど恋愛が仕事の活力になるものです。
このような男性にとっては仕事が第一なので、仕事中は家庭のことなど忘れています。

 

社内にいる時間が長いほど、家庭のことを長く忘れているため、自分が家庭持ちである意識も薄いのです。
仕事中は独身気分なので、独身男性同様、社内という身近に魅力的な女性がいれば、目も心も奪われてしまいます。

 

 

面倒見の良い男気のある男性

後輩の面倒見の良い男性ほど部下である女子社員の悩みを解決してあげようと相談に乗ったり親身になってアドバイスをしたりします。

 

最初は良き兄貴、良き先輩の立場で接していても、やがて恋に落ちてしまうのはこのタイプです。
ただ一本気な部分もあるので、葛藤して苦しむのもこのタイプです。

 

 

同年代には魅力を感じないファザコン気味の女性

年上男性に守られたい気持ちが強い女性にとって、仕事をバリバリこなす頼れる上司や大人のゆとりを身につけた男性は特別な人に見えてしまいます。

 

そのため尊敬する気持ちを通り越し、必要以上に美化して依存しやすいのです。
その結果、あっという間に不倫の恋に落ちてしまいます。

 

 

恋愛経験の少ない生真面目な女性

いくつかの恋を経験すれば、男性への接し方や恋愛のしかたが上手になってきますし、男性を見る目も養われてくるのですが、生真面目で恋愛経験が少ない女性は、出会いの幅も限られているので、目の前にいる男性しか目に入らなくなります。
その結果、相手に家庭があっても恋愛の対象として見てしまうのです。

 

これは学生時代、担任の先生に憧れた気持ちと同じです。
もしいくつかの恋を経験すれば、やがては同級生に興味の対象が広がるのですが、そこまで男性を広く見渡せるスキルがないと、一途に思いを募らせてしまいます。

 

 

スリルを樂しむ恋多き女性

これは上記とは全く正反対です。
彼に家庭があるから燃え上がるとか、社内不倫で秘密を持つことにドキドキするといった刺激のある恋愛を好む女性もまた社内不倫をしやすいタイプです。
美貌にも自信があり、恋愛テクニックにも自信があるからこそ奥さんに勝つことが目的なのです。

 

 

社内不倫をしやすい男女のタイプは様々ですが、くれぐれも冷静さを保つことを忘れずに、秘密はしっかりと守りましょうね。

不倫体験談