職場、社内の既婚男性を好きになった時

片思いの彼に思いを伝えるのは勇気がいるものです。
ましてそれが同じ社内の既婚者だったらなおさらです。

 

もし家庭のある男性を好きになってしまったら、告白すべきかどうかについて悩みますよね。
またどのような方法で告白するかについても悩むところです。

 

何もせずに諦めますか?
もしあなたが簡単に諦められるくらいの軽い気持ちでいるなら、行動を起こさずにいた方が今後は自分が楽に過ごせます。

 

でも何もしない後悔を味わいたくないのなら、自分の好意だけでも伝えたいと思いますよね。
どのような方法で告白したらいいのか、どのような手順を踏んだらいいのかをご紹介します。

 

 

女性としての気持ちを伝えるのでなく、まずは上司として尊敬していると伝える

好きという気持ちにもいろいろあります。

 

あなたが彼を異性として好きであっても最初の段階は「頼れる上司として憧れている」「人として尊敬している」という好意を気持ちを伝えるのが最初のステップです。

 

どんな意味であれ、自分に好意を寄せる異性がいれば、彼のあなたを見る目も違ったものになります。
彼の中であなたを異性として意識するようになるまでは、順を追って焦らずに好意の気持ちを態度や言葉で伝えていきましょう。

 

いきなり「奥さんがいることは承知の上で好きになりました」と言われても、彼はどうしたらいいのかと戸惑うはずです。
あなたと不倫の関係になるには彼にも覚悟する時間が必要なので、最初は自分の好意を伝えるだけにとどめておきましょう。

 

 

イベントごとにささやかなプレゼントを贈る

バレンタインデーや彼の誕生日にささやかな贈り物をしましょう。
もし彼の奥さんに見つかっても彼が言い訳しやすい品物を贈ることがコツです。

 

バレンタインデーなら「義理チョコ」という言い訳にもなりますし、いつも社内で使用する文具などをプレゼントすれば彼の奥さんに見つかる危険はありません。

 

高額すぎない物なら彼の負担になることもなく、あなたの好意と気遣いだけを伝えることができます。

 

もし脈があるなら、彼の方から「お返し」と称して何らかのアクションがあるはずです。
彼の方から誘ってきやすい状況を作る意味でも、ことあるごとにささやかなプレゼントを贈り続けていきましょう。

 

 

ストレートに告白する

以上のステップを踏まえてから自分の気持ちを正直に彼に伝えましょう。
「あなたに奥さんがいることはわかっているけど好きです」とストレートに告白しましょう。

 

結果はどうあれ、最終的には恋愛感情を伝えなければ彼との関係は進展しません。
ただ好きでいさせてほしいと思うなら上記の言葉で十分です。

 

もし不倫の関係を覚悟の上で、女性として愛して欲しいと願うなら、彼にはっきりと「家庭を壊す気持ちはない」「社内でのあなたの立場を悪くするつもりはない」と伝えましょう。

 

トラブルを避けたい男性にとっては、この言葉が安心の材料になるはずです。

 

 

失恋か不倫、どちらの結果になってもその結果を受け入れる覚悟が必要です。
そのためには答えを急いで出させない告白方法を考えて、順を追って彼との距離を深めていきましょう。

不倫体験談