職場の妻子持ち男性を落とす方法

不倫は世間的にはいけないことです。
しかし、人を好きになる人間の感情は自然なものです。
相手に妻子がいるからというだけの理由で、自分の気持ちを抑えつけるのは辛いですね。

 

せめて自分の気持ちだけでも知ってもらいたいと思うのも女性なら当然のことでしょう。
では、どうしたら相手に自分の気持ちを伝え、更に振り向かせることが出来るでしょうか、如何に考察してみたいと思います。

 

 

上司の場合

上司は、仕事も出来るのであなたからはとても頼もしく見えることでしょう。
普段から一緒に仕事をしていれば、お互い相手の気持ちもある程度はわかっているはず。

 

仲が良い関係であれば、相手に告白しても、割りとスムーズにあなたの気持ちを受け入れてくれる可能性はあります。
ただ、その時、相手の家族を尊重すると言う態度を取ることが何より大切です。

 

男性には不倫願望がありますが、それもあくまで家族とは別の所でしたいということ。
不倫の関係は辛いですが、あなたは心の中であっても相手に離婚を求めてはいけません。

 

もし、縁があるならいつかは一緒になれるかもしれませんが、あくまであなたを好きだという気持ちを伝えるに留めましょう。

 

 

部下の場合

部下の場合、特に相手が年下の場合は慎重になることが大事です。
普段とても仲が良かったとしても、男性は一般的に年上の女性は恋愛対象としては見ない傾向があるからです。

 

そこで、仕事をしていても、相手を頼ったり時には甘えたりして、あなたの女性らしい面を見せることがポイントとなります。
どうしても仕事中は、相手が年上であっても年下であっても、あなたは姉御肌にならざるを得ませんが、そういった一面をさりげなく見せることで、相手の気持ちを引くようにします。

 

1つの仕事が終わった時などは、相手にだけ特別に「ありがとう。よくやってくれたわね」と労いのことばを掛けるのも忘れずに。
自分が特別に思われていると、相手に気付かせるようにしましょう。

 

みんなで食事会に行くような時も、相手の面倒を見るようにします。
2人で食事をするような機会には、あなたも女らしさを見せ、普段と違った面をわかってもらうようにします。

 

そうして段々とあなたのことを理解していけば、相手もあなたに惹かれていくでしょう。

 

 

同僚の場合

同僚の場合は気が楽な分、却って不倫関係になりづらいという難点があります。
普段から仕事でも、飲み会などでも頻繁に顔を合わせているので、あなたを特別な目で見ていない可能性が高いです。

 

ここは、ある程度遠慮の無い関係であることを利用しましょう。
それは、ボディタッチです。

 

日本人の男性は特に女性からのボディタッチに弱いものなので、普段なんとも思っていない相手からでも、ボディタッチをされると、それからは急に相手を意識するようになります。

 

 

冗談を言い合った時にポンと肩を叩くとか、二の腕をさりげなく触ったりが効果的です。
ベタベタした感じを与えないように、でも「触れた」というよりは「さわった」とはっきりわかるくらいするのがコツです。

 

時々そうするだけで、相手はあなたを意識するようになります。

不倫体験談