バレたくない社内不倫。別れずに続ける方法とは?

不倫関係で多いのが、同じ会社で働いているうちに好きになってしまう「社内不倫」です。

 

社会人になると出会いの場も自然と狭まってしまうので、社内の誰かを好きになるのはごく自然なことですが、好きになった人が既婚者の場合には、通常の恋愛とは少々異なってきます。

 

そこで、社内不倫を成功させるために知っておきたい鉄則をご紹介しますので、社内不倫継続中な方、既婚者に片思い中の方も参考にして下さいね。

 

 

必要以上に仲良さそうな会話をしない

誰かを好きになったり、相手の事が大好きでたまらない時期というのは、自分が今幸せであることを思いっきり誰かにアピールしたくなりますが、付き合っていることを悟られたり、「もしかしてふたりは付き合ってるの?」と言われるような親密そうな様子を見せてはいけません。

 

恋愛において、同じ会社へ勤務しているという状態は、すべてが良い方に働くことはありません。周囲の目もありますし、噂好きな人ならふたりが一緒にいることで、それとなく付き合っている人同士が放つ雰囲気で、それとなく気づいてしまう場合もあります。

 

社内不倫がバレるきっかけというのは、ほとんどの場合本人がうっかり話した言葉や、不倫相手と同僚に対する態度が違うなど、些細な事でバレてしまいますので、絶対に付き合っていることを同僚にもバラさなない、他の同僚と同じ態度で接することが大切です。

 

 

自分の生活圏内でデートをしない

特に会社の近くや自宅の近くなど、自分の知り合いに出会う可能性のある場所で待ち合わせをしたり、デートをするのは自分達の関係を自分でバラすようなものです。

 

仕事が忙しいけど好きな人には会いたいなど、欲求不満はあるかもしれませんが、不倫関係というのは一旦バレてしまうと、生活のすべてが壊れてしまうかのしれない危うい関係です。

 

デートをする場合には、少し遠方まで足を伸ばしたり、細心の注意を払いつつ自宅に招きいれ、食事には個室を使ったり、おうちデートを楽しむなど、できるだけ人の目に付かないようにしましょう。

 

 

出張デートには十分な配慮をしよう

彼の出張に合わせてデートを楽しむ方法は、社内恋愛での遠出デートの鉄板ですが、これには細心の注意を払う必要があります。

 

出張なので経費で宿泊ができ、旅行代が節約できる反面、頻繁に出張に同伴していると、同じ日に休暇届けを出すことで関係を怪しまれてしまったり、あまりの楽しさで、同僚に旅行先をついうっかりバラしてしまい、関係が発覚する場合もあります。

 

出張デートの後は、彼とのデートの証拠である経費持ち以外のレシートは全部捨てるようにし、彼の車で出張先へ出かけた場合には、カーナビの履歴は削除するなど、証拠はすべて捨てるようにしましょう。

 

 

自分では絶対にバレていないと思っていても、同僚皆が知っていたなんて事もよくある社内不倫ですので、気をつけすぎじゃない?と言われるくらい注意しておいた方が良いに決まっています。

 

社内恋愛は、毎日好きな人と顔を合わせることはできますが、一旦バレてしまうと修羅場が待ち受けていることが多いので、十分に注意しておくことが大切です。

不倫体験談