不倫相手浮気相手の赤ちゃんを妊娠した!産む?堕ろす?

不倫をしている時は、うっかり不倫相手の子供を妊娠してしまわないように注意するものです。

 

しかし禁断の愛に燃え上がる気持ちを抑えきれず、ついその場の雰囲気に流されてしまい、気がついたら生理が来なかった、ということになる危険性もあります。

 

しかしあなたの身体に命が芽生えてしまったことには変わりありません、一刻も早くどのように対処すべきか考えましょう。

 

まずは不倫相手に子供が出来たことを早く伝えましょう。
不倫相手とあなたがどちらも合意の上で再婚できるようなら問題はありません。
しかしただ「どうしよう」と言うだけならば、あなたが行動しなくてはなりません。

 

 

あなたが既婚者の場合

あなたが既婚者の場合は、夫の存在が大きなネックになります。
夫の性格次第では、子供を産んで育てることも可能でしょう。

 

夫との子供として育てる場合

もしもあなたの夫があまり妊娠・出産について興味がなく、適度に夫婦関係を続けているのなら、夫婦の子供として黙って産んで育てるのが良いでしょう。
その代わりあなたはその秘密を墓場まで持って行くことになります。

 

 

堕ろす場合

夫がすぐに日数を逆算したりする場合は、疑われてしまい、最後には離婚されてしまうかも知れません。
ごまかせないのであれば早めに堕ろした方が良いでしょう。

 

まず「生理が来ないけど、妊娠したかも」と告げて、夫の反応を見ます。

 

もしも「おかしい」と言いだすようならば、少し無理をしても平日に産婦人科を受診するようにして、堕した方が良いでしょう。
夫には「ちょっと体調が悪くて生理が遅れていただけだった」と伝えるようにします。

 

 

あなたが独身の場合

 

一人で産む場合

不倫相手が認知してくれることが前提となります。
シングルマザーは言葉程カッコ良くはありません、何かの時に力になってもらったり、相続権があるという確約を取り付けましょう。

 

男性は後になる程認知を渋る様になります、早いうちに「認知してくれるならなるべく迷惑はかけないようにする」ということを伝えるようにしましょう。

 

 

堕ろす場合

不倫相手が逃げてしまったり、あなたに生活力が無い場合、早めに堕ろした方が良いでしょう。
考えているうちに子供はどんどん成長していってしまいます、二度とこんなことはしないと思いましょう。

 

 

あなたが既婚でも未婚でも

産んで里子に出す場合

産んだ後でどうしても育てられない場合、特別養子縁組に出すというケースもあります。
世の中で子供が欲しいのにできない夫婦は沢山います、きっと幸せに育ててくれるでしょう。
少しでも人間として責任を果たす為にも、この世に芽生えた命を無駄にしないことです。

 

 

おわりに

不倫をしていることにより、自分達は楽しい時間を過ごしているものですね。
しかしその為に一つの命を犠牲にして良いということはありません。
まず妊娠しないようにすることと、してしまった後のことをよく考えて、責任ある大人として行動しましょう。

不倫体験談