社内不倫、職場不倫をばれずに続ける方法とは?

社内の既婚者男性と不倫関係を続けるには、色々な暗黙の了解やルールが存在するようです。
お互いに独身同志の付き合いならば、それ程ナーバスになって警戒をする必要はありませんが、不倫の関係となるとそうは行きません。

 

決して2人の他に事実を知る人が現れるような不注意を犯す訳には行かないのです。
そのような障害や危険のある中で、今の不倫の関係を上手く続けて行くにはどうしたら良いでしょうか。

 

 

二人の交際スタートは秘密に徹する

社内での恋愛を禁じている会社も中にはあるくらい、社内恋愛では仕事に支障を来す等の理由で敬遠をされる場合もあります。

 

増してや不倫の関係ともなると、事実が社内でバレてしまう事により生じる不都合は計り知れません。

 

不倫の関係が社内で始まる時が最もバレるリスクが高い時と言えます。

 

お互いに職務上で不利な立場にならないように、思いを打ち明け合う必要がある他、周囲の同僚等に二人の関係が怪しいと思われるような行動は慎むべきと言えます。

 

 

デートの約束はメールが必須

不倫の関係と言えども社内で周囲に内緒にする事は、重要事項でありながら多少のスリルを感じる事もあるでしょう。
それでも間違っても社内でデートの約束を口頭で行わないようにする必要があります。
更にメモを残す等も同様に危険な行為と言えます。あくまでもメールを利用するようにしましょう。

 

 

奥さんにバレる事も大きなリスク

社内不倫の彼の奥さんに不倫がバレないようにする事も勿論大切です。
不倫相手の男性自身が家庭内での不和を引き起こす事により、仕事にも支障を来す事もあります。

 

そして彼の奥さんが逆上して会社に密告をする場合もあると言います。
そのような事態になると、もはや不倫どころではなく社内での立場も危うい事になるかも知れません。

 

彼の出世にも響く事になりますが、あなた自身も社内での居場所を失う事にも繋がります。

 

 

おわりに

彼との社内不倫を長続きさせる為には、公私の区別をきちんとつける事が重要となります。
そしてプライベートでも彼の家庭にまで影響が及ばないように細心の注意をする事が必要となります。

 

社内不倫が本気の恋愛となり、自分が奥さんの座に納まりたいと思った時から今まで上手く取れていた社内不倫の為のバランスが崩れ始める事になります。

 

しかし将来的に一緒になろうという約束をしているという事ならば、尚更二人の仲が長続きするように会社での立場をキープする必要もあります。

 

あくまでも隠密に事を成す事で社内不倫は長続きさせる事が可能となるのです。

 

 

 

不倫体験談